平成25年度秋期職域別専門研修会

申込用紙
会員用 (PDFファイル ・ Wordファイル )
一般用 (PDFファイル ・ Wordファイル )

平成25年度秋期職域別専門研修会

学校健康教育 平成25年度春期職域別専門研修会

日程
平成25年10月25日(金)
会場
ホテルライフォート札幌
 札幌市中央区南10条西1丁目
 (TEL 011-521-5211)
資料代
会員 500円 (一般・非会員 1,000円)
研修内容
13:40~13:55 受付
13:55~14:00 開会
14:00~17:00 講演 「プリシード・プロシードモデルを用いた
児童生徒への栄養教育のプランニング」
講師 天使大学 看護栄養学部 栄養学科
准教授  佐藤 香苗
子どもたちの健全な食生活の実現のためには、学校における食育の推進はもとより、ヘルスプロモーションの観点から、社会的要因にも焦点を当てることが必要です。
そこで、本講演では、ヘルスプロモーションの実践に先立って行われるプログラムである「プリシード・プロシードモデル」を用いた地域栄養診断ならびに栄養教育の実践・評価法についてご紹介いたします。児童生徒への効果的な栄養教育の進め方を再考する機会となれば幸いです。


公衆衛生 平成25年度春期職域別専門研修会

日程
平成25年10月25日(金)
会場
札幌エルプラザ  3階大ホール
札幌市北区北8条西3丁目
011-728-1222
資料代
会員 500円  (一般・非会員 1,000円)
研修内容
9:30~9:55 受付
9:55~10:00 開会
10:00~12:00 講演 「妊娠中を含めた1000日間の栄養が生涯の健康に及ぼす影響」
講師 藤女子大学 人間生活学部 食物栄養学科
              教授  小山田 正人
公衆衛生の分野からみた女性の「痩せすぎ」(低栄養)が、出産後の児の生活習慣病に与える影響等について学ぶことができます。
12:00~13:00 休憩
13:00~13:15 事務連絡 「北海道栄養士会及び公衆衛生協議会の動向」等
公衆衛生栄養士協議会 協議会長 加藤 由美子
13:15~16:00 事例発表 「道内各地域での食育の取り組み」
助言者 天使大学 看護栄養学部 栄養学科
教授  荒川 義人
(1)発表題 「栄養教諭が行う地域と連携した食に関する指導」
発表者 石狩市学校給食推進アドバイザー 黒河 あおい
(2)発表題 「行政栄養士が繋がった!学校教育との食育ライン」
発表者 厚沢部町保健福祉センター
    管理栄養士 並川 麻子
(3)発表題 「人やまちをつなげる食育」
発表者 芦別市役所 市民福祉部
 健康推進課 管理栄養士 棚井 香織
(4)発表題 「地域でつながる食育活動
~京極町栄養士連携協議会の取り組み~」
発表者 京極町役場 健康推進課
 管理栄養士  貞村 朝子
(5)発表題 「生きる力を育む食育」
発表者 滝川市 保健福祉部 健康づくり課
   副主幹  白石 美幸

地域活動 平成25年度春期職域別専門研修会

日程
平成25年10月25日(金)
会場
かでる2・7 550会議室
札幌市中央区北2条西7丁目
011-204-5100
資料代
会員 500円  (一般・非会員 1,000円)
研修内容
13:00~13:15 受付
13:15~14:45 講演 「脂質異常症~動脈硬化性疾患予防
ガイドラインを踏まえて~」
講師 社会医療法人社団カレスサッポロ
北光記念クリニック 所長  佐久間 一郎
先生は日本動脈硬化学会の評議員もされていて、この度のガイドラインに関して改善点や実際の治療法なども含め、管理栄養士向けにお話をしていただきます。     [─重症化予防 「脂質異常症」1単位─]
15:00~16:00 情報交換会 「地域活動栄養士がもっと活躍するために」
地域活動で頑張っている会員の皆さん、たまには研修会の後に集まりませんか?
仕事の事、日頃考えている事、会員に対する要望などざっくばらんに話す機会を持ちたいと思います。インターネットなどで情報は手に入りますが、人とのつながりをもちながら地域や地元の情報を共有していくともっと活動の輪が広がります。


 


勤労者支援 平成25年度秋期職域別専門研修会

日程
平成25年10月25日(金)
会場
かでる2・7  730研修室
札幌市中央区北2条西7丁目
011-204-5100
資料代
会員 500円  (一般・非会員 1,000円)
研修内容
13:10~13:30 受付
13:30~14:40 講演 「栄養士が出来るトータルヘルスケア」
講師 株式会社 玄米酵素
  顧問管理栄養士  川越 牧子
川越先生は、マクロビオティック他、穀物菜食を基本とする自然食・健康食を国内外で学び、管理栄養士として東洋医学、西洋医学の両面から、全国各地で料理指導や講演を行っております。
今回の講演内容は、東洋医学、西洋医学の両面から、予防医学を目的にした食事、特に穀物菜食を中心とした自然食による健康維持、体質改善を解説いたします。
14:40~15:00 休憩・準備
15:00~16:30 講演 「社員食堂におけるカフェテリアスタイルについての栄養士業務」
講師 株式会社シダックスフードサービス
管理栄養士 武者 亜由美
16:10~17:00 予備
幅広い年齢層のお客様が食事をされる社員食堂でどのように運営しているか。特にアイテムの多いメニュー管理シフト管理、提供方法などについて紹介いたします。


 


医療栄養士協議会 平成25年度秋期職域別専門研修会

日程
平成25年10月27日(日)
会場
北海道自治労会館 5階大ホール
札幌市北区北6条西7丁目
011-747-1457
資料代
会員 1,000円  (一般・非会員 3,000円)
研修内容
9:00~ 受付
9:30~11:00 講演 「笑って学べる目からウロコ
高齢者の低栄養の病態と栄養ケアのポイント」
講師 医療法人タピック
沖縄リハビリテーションセンター病院
    医師  吉田 貞夫
 深刻な超高齢社会に直面している今、急性期から在宅への役割の中で、栄養管理が重要な位置にあります。食欲低下をきたした高齢者、その原因を見極め栄養サポートのお話を、ユニークな話術により栄養ケアのポイントを伺います。
11:00~11:15 情報提供 日清オイリオグループ株式会社
ヘルシーフーズ事業部
 営業グループ 主管  佐野 淳也
クランベリーの機能性について、尿路疾患への利用を中心に情報提供を頂きます。
11:20~12:00 全国医療協議会の情報提供
医療栄養士協議会 協議会長 中川 幸恵
12:00~13:00 休憩・展示
13:00~14:30 講演 「経腸栄養法のプランニングと合併症対策」
講師 一般財団法人温知会 会津中央病院
  副診療部 栄養科 管理栄養士/
美作大学 客員准教授 真壁  昇
管理栄養士は医師に対して経腸栄養剤の種類の選択や変更を提案することを求められています。そこで、経腸栄養のプランニング、栄養剤の選択から下痢や褥瘡に応じた対処法など、経験豊富な実績より経腸栄養のAto Zを伺います。


 


福祉栄養士協議会 平成25年度秋期職域別専門研修会

日程
平成25年10月25日(金)
会場
会議・研修施設ACU 大研修室1606
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45 16階
011-272-3838
資料代
会員 500円  (一般・非会員 1,000円)
研修内容
10:00~ 受付
10:30~12:00 講演1 「食生活と食物アレルギー(仮)」
講師 北海道文教大学 健康栄養学科
 教授  板垣 康治
日々、食物アレルギーの対応を必要とされる児童福祉施設の栄養士はもちろんの事、成人の食物アレルギーに関することも大変興味深くお話いただける予定です。
12:00~13:00 休憩
13:00~15:30 講演2 「人間関係が楽しくなる
コーチング&コミュニケーション」
講師 エグゼクティブコーチ/メンタルケア心理士
      合同会社 友歩  代表  上前 卓也
コーチングとコミュニケーションの実践を交えた研修です。
入所者・ご家族・職員間などの、より良い人間関係が築けられる内容の濃い研修です。自分自身が働きやすくなるために、是非オススメの研修です。