平成25年度春期全道栄養士研修大会並びに定時総会

平成25年度春期全道栄養士研修大会並びに定時総会

趣旨
道民の栄養改善を通じた健康の保持増進と管理栄養士・栄養士の資質の向上に努め、もって道民の健康と福祉の推進に寄与する。
主催
公益社団法人 北海道栄養士会
後援
北海道、札幌市、一般社団法人北海道医師会、一般社団法人北海道歯科医師会
公益財団法人北海道健康づくり財団
日時
平成25年6月29日(土)9:30~16:00
会場
かでる2・7ホール( 札幌市中央区北2条西7丁目  Tel 011-204-5100)
資料代
会員  1,500円   一般・非会員  1講演 1,500円
申込み
○会員の皆様○
会員の方は専用の申込用紙を6月1日発行えいようHOKKAIDOに同封しておりますのでそちらを利用の上お申込みください。
※紛失した方はお手数ですが下記にお問い合わせください。

○一般・非会員の皆様○
お申込み用紙申込用紙 (PDFファイル)に記載の上、FAXまたは郵送でお申込みください。
※お申込みで受講成立とし、こちらから受講の返信は致しませんので、ご了承ください。(定員オーバーにより参加不能の場合のみご連絡いたします)
一般申込み定員:50名
お問い合わせ
公益社団法人北海道栄養士会
〒060-0061
札幌市中央区南一条西5丁目20郵政福祉札幌第一ビル4階
TEL 011-251-7071  FAX 011-251-0783

プログラム

9:30~10:00 受付
10:00~10:10 開会挨拶 公益社団法人 北海道栄養士会 会長  山部 秀子
公益社団法人  日本栄養士会 理事  笠井 寛和
10:10~10:40 祝辞 北海道知事
札幌市長
一般社団法人 北海道医師会長
10:45~12:15 講演 「ここまでわかった目の病気」
 -加齢黄斑変性の最新知見―
  札幌医科大学 医学部 眼科学講座
    講師    石川 太
12:15~13:15 ☆ ☆  休  憩  ☆ ☆
13:15~14:45 講演 「“こころの栄養”、足りてますか?
   -しなやかに生きるコツ」
精神科医・立教大学
    教授    香山 リカ
14:55~16:00 定時総会 決議事項
 第1号議案 平成24年度事業報告
 第2号議案 平成24年度収支決算報告並びに監査報告
 第3号議案 理事の変更
報告事項
 1.平成25年度事業計画
 2.平成25年度収支予算
 3.名誉会員報告
16:00~ 閉会

講演内容

≪講演I≫ 「ここまでわかった目の病気」-加齢黄斑変性の最新知見―

  札幌医科大学 医学部 眼科学講座 講師   石川 太

 眼球は水風船のような構造をしています。眼球の内側の壁に張り付いているのが網膜です。
 その網膜の中心を特に黄斑とよび、ここにはものを見るための重要な視細胞が集中しています。
 黄斑が老化に伴って変化を起こし、疾患に至るのが加齢黄斑変性です。黄斑は網膜の中心ですので加齢黄斑変性にかかると、視界の中心、すなわち一番見たいところが見えなくなってしまいます。
 加齢黄変性は米国では65歳以上の中途失明原因の一位の疾患であり、従来は欧米に多い眼疾患とされていました。しかし、近年では日本でも急増しています。
 本邦における加齢黄斑変性の患者増加の原因としては、食生活の欧米化、紫外線、環境悪化による活性酸素増加などが考えられていますが、原因は完全には解明されていません。本講演ではこれまでにわかっている加齢黄斑変性の病態、症状、治療の歴史、最新の治療法、および予防法(特に食生活との関連)についてのお話です。
                   

≪講演II≫「“こころの栄養”、足りてますか?-しなやかに生きるコツ」

  

精神科医・立教大学  教授  香山 リカ

 テレビなどでもお馴染みの精神科医の香山先生は北海道出身です。大変多忙なスケジュールを調整していただき、北海道で頑張っている私たちのために来ていただけることになりました。
 現在、北海道新聞生活面で連載中の「ふわっとライフ」をはじめ、多くのメディアを通し現代人の心の問題を中心に発言しています。
 私たちにほっとさせ、共感することが多いはなしです。自分らしく生きるヒントが見つかるかもしれません。