第13回日本栄養改善学会北海道支部学術総会

提供: 日本栄養改善学会北海道支部会
移動: 案内検索

第 13 回日本栄養改善学会北海道支部学術総会・第 7 回市民公開講座

目次

 第 13 回日本栄養改善学会北海道支部学術総会・第 7 回市民公開講座を下記のとおり,後援(北海道,札幌市,一般社団法人北海道医師会,一般社団法人北海道歯科医師会,公益財団法人北海道健康づくり財団)のもと開催いたしますのでご案内申し上げます。

第 13 回日本栄養改善学会北海道支部学術総会
会長 山部秀子(天使大学看護栄養学部 教授)

1.開催日

平成27 年 12 月 5 日(土)9:00~17:30(予定)


2.会 場

藤女子大学 北 16 条キャンパス
〒001-0016 札幌市北区北 16 条西 2 丁目
地下鉄:南北線北 18 条駅下車、徒歩 5 分

3.共 催

公益社団法人 北海道栄養士会

4.テーマ

「食と健康の架け橋・栄養学―100 年の軌跡と未来~
北の大地からの追究―」


日程

09:00 受付
09:20 開会
09:30~10:20 一般講演Ⅰ
10:30~12:00 特別講演 「知っておきたい慢性腎臓病(CKD)

‐CKD の診断と治療~糖尿病性腎症を中心に~、
栄養はどこまで CKD の予後に影響を与えるか‐」
JR 札幌病院 腎臓内科(血液透析)主任医長 山下 智久

座長 JR 札幌病院 管理栄養士 谷口 香奈子
12:10~12:30 支部会務総会
12:30~13:00 自由集会 1 『栄養教諭の現状と課題』・
自由集会2 『市町村乳幼児健診における栄養指導の現状と課題』
13:30~15:00 市民公開講座 「高次脳機能障害とチーム医療
~脳の障害を支える医療の現在と未来~」

東京慈恵会医科大学附属第三病院
リハビリテーション科 教授 渡邉 修

座長 北海道文教大学 人間科学部

       健康栄養学科 教授 板垣 康治先生

15:10~ 一般講演Ⅱ
17:20 表彰式・閉会式


6.一般演題募集要項

申込資格

日本栄養改善学会会員(学生会員を含む)。ただし,連名者は非会員も可とします。

登録方法

演題登録はすべて E-mail による登録のみです。上記期間内に登録演題を既定のファイルを添付して,演題登録用アドレスへ E-mail にて送付して下さい。演題登録後,登録確認通知を E-mail にて連絡致します。登録に関しては,以下の点にご留意下さい。発表者,連名者,所属名の合計文字数は,200 文字以内にして下さい。

【記入例】

行政:北海道○○振興局保健環境部○○地域保健室
医療:○○法人 ○○病院 栄養科(または栄養管理室など)    介護老人保健施設 ○○○ 栄養科
学校:○○大学 ○○学部(⇒※学科は不要)
   ○○大学大学院 ○学研究科
  (または ○○大学大学院 ○学研究院)
  (⇒※その後の専攻,講座は不要)
   ○○市立○○小学校
企業:株式会社 ○○○,○○○会社
自衛隊:陸上自衛隊 ○○駐屯地
・発表分野は,「A 基礎栄養・生化学」,「B 食べ物と健康」,「C 応用栄養」,「D 栄養教育・食育・スポーツ栄養」,「E 臨床栄養」,「F 給食経営管理」,「G 公衆栄養」
の 7 分野から選んで下さい。
・演題名は,副題を含めて 50 文字以内とします。
・要旨本文は,全角 40 文字×20 行(800 文字以内)にまとめて下さい。
・要旨本文に図表を添付することはできません。


演題登録期間および発表要旨締切

演題登録期間:平成 27 年 9 月 1 日~20 日
発表要旨締切:平成 27 年 10 月 18 日
採否通知は,全て E-mail において連絡致します。

発表方法

発表は口演形式で,PC(パワーポイント)を使用します。講演時間は,発表 8 分,討論 2 分の計 10 分です。
その他詳細は,採択通知の際にお知らせ致します。

7. 学術総会参加費

日本栄養改善学会正会員 2,000 円
大学院生・学生 500 円,非会員 2,500 円
市民公開講座のみの参加者は無料
(講演要旨集が品切れの場合でも同額となります)。


8.学術総会事務局(問い合わせ先)

日本栄養改善学会北海道支部事務局
TEL: 080-4505-8789
演題登録用アドレス(E-mail)
hokkaido_eiyoukaizen@yahoo.co.jp
問い合わせ専用メールアドレス(E-mail)
hokkaido_eiyoukaizen@softbank.ne.jp

日本栄養改善学会北海道支部学術総会
1~5 学術総会 第1回 - 第2回 - 第3回 - 第4回 - 第5回
6~10 学術総会 第6回 - 第7回 - 第8回 - 第9回 - 第10回
11~ 学術総会 第11回 - 第12回 - 第13回 - 第14回