ホーム > 栄養士のつぶやき > 栄養士のつぶやき …

正月雑感

(社)日本栄養士会 副会長 古水 扶美江

 あけましておめでとうございます。
 今年こそ良い年でありますように…。と念じずにはいられません。  今から60年ほど前の我が家の元旦を思い浮かべました。お重箱に米を入れ、その上にお供え餅をのせ、周りに大栗の干したものや、干し柿をあしらいます。そして裏庭からとった瑞々しい緑のくまざさ、松の小枝、真中に食紅で赤い花芯をぽっつりつけた半紙の梅花を未だ蕾の固い梅の枝を折ってきて貼り付け、松・竹・梅に見立ててお供え餅に挿したものを、母が前夜から神棚にまつっておきます。
 元旦は、それを掲げ乍ら朝日に向かって父・母と3人で代わる代わる3拝、五穀豊穣の天恵を感謝し、無病息災を祈念し、「おめでとうございます」と挨拶を交わした後、新年の膳につきました。
 何となく照れくさいけど、身が引き締まり、連帯感と共に、頑張ろう!と意を新たにしたことを憶えています。ささやかな事ですが、とても新鮮に思い出されました。我が家式を構築してみて下さい。

< ← 一つ前のコラム戻る >
< 次のコラムに進む → >

 
ホーム > 栄養士のつぶやき > 栄養士のつぶやき …
ページ上部に